組合員活動の紹介
利用委員会の回答バックナンバー
生協加入のご案内
機関紙「強い体」最新号
機関紙「強い体」バックナンバー
組合員 36,845人
出資金高 1,491,099,700円
平均出資金額 40,470円
機関紙手配り協力員数 1,992人
手配り配布数 13,942部
2017年10月末日現在

生協加入のご案内 見出し

組合員活動の紹介

健康づくりはつながりづくり

■医療福祉生協の健康習慣

1996年日本生活協同組合連合会医療部会(医療福祉生協連の前身)は、組合員の保健予防活動として「医療生協の健康習慣~7つの生活習慣と2つの健康指標」を決定し、「健康宣言家族」づくりの運動が始まりました。
2005年2015年と改定を重ね、「幼児」「小中学生」「成人」「高齢者」等年代ごとに発表しています。ここでは、成人版を紹介します。

■「すこしお生活」~少しの塩分ですこやかな生活~

厚生労働省は2015年から1日の塩分摂取量の目標を男性8g未満、女性7g未満に引き下げました。医療福祉生協では、1日6g未満をめざし、「すこしお生活」を提起しています。「すこしお生活」とは、「少しの塩分」で「すこやかな生活」をめざす医療福祉生協のとりくみの総称です。松江保健生協のとりくみを紹介します。
「すこしお生活」とりくみグッズのご紹介
①ちょっとかけスプレー ②ウロソルトペーパー ③減塩モニタ(尿中塩分測定器) ④減塩生活(塩分測定器)など

組合員活動写真

法吉支部「すこしお生活」調理実習

組合員活動写真

海潮支部 「すこしお生活」料理教室

■「なかまといっしょに健康チャレンジ」

2006年に始まった「健康チャレンジ」は、年々参加者を増やし続け、2014年には8,000人を超えました。「健康チャレンジ」は、健康習慣の定着をめざして、毎年9月と10月の2ヶ月間自分で立てた目標を実践するとりくみです。

組合員活動写真

持田支部 登山で健康チャレンジ

組合員活動写真

大田支部 健康チャレンジ

■「くらしのなかで健康チェック(班会)」

班会は、組合員3人以上でつくる地域での集まりです。班会では毎回「健康チェック」を行います。「血圧チェック」「尿チェック」「大腸がんチェック」「乳がんチェック」「足指力チェック」「骨密度」など

組合員活動写真

古志原東 血圧チェック

組合員活動写真

千酌支部 おしっこチェック

■「青空健康チェック」

青空健康チェックは、地域まるごと健康づくりをめざして、支部が中心になり地域のスーパーや町内会館・駅前などで実施しています。毎月の「青空健康チェック」の予定は、月刊強い体に掲載しお知らせしています。

組合員活動写真

海潮支部

組合員活動写真

古志原西支部

■「グランドゴルフ大会」

年1回春のグランドゴルフ大会は、300名以上が集う松江保健生協の一大イベントです。2016年5月の第10回大会には、各支部から58チームが参加しました。大会は、組合員さんが実行委員会をつくり運営されています。

組合員活動写真

奥出雲支部

組合員活動写真

奥出雲支部2

まちづくり(地域まるごと健康づくり)

■居場所づくりで安心づくり

地域では、高齢者の独り暮らし、老老世帯が増加し孤立化が進んでいます。支部では、支え合い活動の一つとして、居場所づくりにとりくんでいます。
サロンの取り組み

組合員活動写真

宍道支部 サロン

組合員活動写真

雑賀支部 サロン

■地域の介護力アップ

認知症サポーター養成のとりくみ

組合員活動写真

認知症サポーター養成講座1

組合員活動写真

認知症サポーター養成講座2

■憲法違反の戦争法廃止を求める

2015年9月19日、多くの憲法学者や弁護士などの専門家が「違憲」とする「平和安全法制(戦争法)」が参議院特別委員会で強行採決され、2016年3月19日施行されました。戦後70年間、平和国家として日本が果たしてきた役割を投げ捨て、国民の生命・財産を危うくし、日本の進路を誤らせるものと言わなければなりません。
憲法9条守れ「戦争しない国づくり」のとりくみ

組合員活動写真

戦争法廃止1

組合員活動写真

戦争法廃止2

機関紙の手配りで、見守りも

毎月発行される機関紙「強い体」は、2,000人近い「手配り協力員」によって、組合員一人ひとりに届けられています。散歩を兼ねて健康のために配る人、挨拶を交わしながら配る方、自分の周りの組合員へ5部6部と分担しています。

事業所利用委員会(私たちの施設は地域の財産)

生協の運営する事業所には、組合員が参加する「事業所利用委員会」が設置されており、1ヶ月~2ヶ月に一度定期的に開催されています。利用委員会は、かつては苦情の処理から始まりました。組合員の病院・診療所に寄せられた多くの苦情、これを放置しておくことは許されない、として苦情処理委員会がつくられ、組合員が参加して一つひとつの苦情を改善する方策を立てました。苦情処理委員会は、事業所利用(運営)委員会に発展改組し、今では利用者の声を更に反映させ事業所になくてはならないものとなっています。現在、開催されている利用(運営)委員会は、以下の通りです。

バックナンバーはこちら

組合員活動写真

15年10月笑顔まつり

組合員活動写真

病院食の試食会

組合員活動写真

美化活動

組合員活動写真

広島共立病院利用委交流会